身長は遺伝の影響が少ない?どうすれば伸ばせるの?


身長に遺伝の影響があるかどうかいえば当然あります。

 

遺伝以外の割合の方が高い?

ですがそれよりももっと大事なことが多く、そうした割合で言えば最終的に遺伝の影響が少ないと言えます。それは誰にでも言えることであり、大人でも気を付けるべきことですが運動に睡眠、そして食事です。

そんなもの当然だしわかっていると答える人も多いでしょうが子どもをどう育てるかは両親から聞いたり周囲の経験者から聞いたりとなかなか難しい部分が大きく、個人差もあります。

ですから運動は子どもが力いっぱい遊ぶがままにさせるということはしても、寝る時間はとなると大人がするように寝る前は血糖値などを考えてあまり食べないといったことはしない人もいたりします。

運動をがんばって気持ちよく眠る姿があまりにかわいらしくて昼寝させすぎて夜にあまり寝られないなどということもあるでしょう。

寝る子は育つという言葉は昔からありますが正しくはちゃんと眠った子は、ということです。運動は骨に刺激を与えてくれますが全体で言えば当然やりすぎはよくないのは当然といえます。

 

子どもは好き嫌いが多い?

そして食事ですがこれが厄介です。子どもは特に幼いうちは好き嫌いが多かったりします。そしてお母さんはそれに合わせて食事をしたり、頼ったりということをしてしまうこともあるでしょう。しかし米や麺類は一応タンパク質など必要な栄養素を備えてはいますが十分な量とはいえません。

これが好きだからこればかり食べさせるというのは楽で、子どもも喜ぶのかもしれませんが良い選択ではありません。身長を伸ばすならばバランスよく、そしてタンパク質をしっかり食べさせる必要があります。お肉、それもできればいくつかの種類に加え魚も様々なものを食べさせてあげたいものです。

一度でも苦手意識を持ってしまうと子どもは嫌がるものですから小骨は取り除き、皮も様子を見て与えるといった気配りが必要でしょう。身をほぐして少しのひっかかりもないようにしてあげることで好きになってもらおうということです。

 

大豆製品が身長にはおすすめ

そして魚や肉もよいのですがやはり大豆製品も身長のためになるものですが大豆をそのままでは嫌がるでしょうし、好き嫌いの多い納豆は子どものころに嫌な記憶が残っても問題ですし多感な時期に突然突きつけるのは難しい食べ物であったりして難しく、くれど逆に面白くおいしいと思ってもらえれば大成功ともいえますがうまくいくかどうかは博打ですし、汚れが増えるかもしれないというご両親の懸念もあることでしょう。

今は滑らかな豆腐であったり、成分に気を付ける必要がありますが美味しい豆乳もあります。適度に食べさせて子どもを身長ともども大きく育ててあげましょう。

カテゴリー: おすすめサプリ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です